2010年10月13日

プリントサーバー導入しました

昨日はAMAZONから届いたBUFFALOのプリンタサーバLPV3-U2Sをセットアップしました。
双方向通信対応プリントサーバですので、CANON MP-600のインク残量も確認できるし給紙設定もOKです。もちろんスキャナ機能も使えます。我が家のPCはWINDOWS XP機がメインですが、ノートPCは去年買ったWINDOWS7です。ようやくノートPCでも直接無線LAN経由での印刷が可能になりました。ただ、自作の7機の64ビットOSでは双方向通信は対応していません。これは購入前から解っていたので特に不便さは感じていません。ただ64ビットOSへのセットアップが電子マニュアル読んでもなかなか理解できずちょっとインストールに手間取ってしまいました。
使ってみての感想は、最初はUSB分配器にしようかと思っていたのですが、ケーブルの繋ぎ換えが面倒なので導入したのですが大正解でした。価格もリーズナブルでしたね。

製品にはUSBケーブルが付属していますがLANケーブルはありませんでした。プリンターにはUSBケーブル付いているんだから、どうせならLANケーブルつけて欲しかったですね。幸い我が家には1mの短いLANケーブルの予備があったから追加投資しなくても大丈夫でした。まだ使用開始2日目ですが、安定しています。




BUFFALO 双方向通信対応プリントサーバ LPV3-U2S

BUFFALO 双方向通信対応プリントサーバ LPV3-U2S

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: Personal Computers



posted by johnny_the_fox at 22:01| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PC LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165623186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック