2011年11月29日

ノートPCのWINDOWS7化完了

PC-LL550G.jpg2007年夏に購入したVISTA HomePremiumのNECノート・パソコンは、2009年に発売された新OSのWINDOWS7へのアップグレードには対応しないと予めアナウンスされていたので、重くて使いにくいVISTAのまま使っていましたが、来年4月にはビジネス向けのエディションを除きメインストリーム・サポートが終了し、延長サポートもありまぜん。XPが約8年弱のメインストリーム・サポートが終った2009年4月以降もパーソナル・ユース向けのHomeEditionも含めて5年の延長サポートになったことを考えると、マイクロソフトは完全にVISTAがOSとして失敗作だったことを認める延長サポートしないという酷さを露呈してくれました。
だからといって、まだスペック的に十分使えるパソコンをサポート切れでビクビクしながらネットに繋ぐのも怖いので、なんとかWINDOWS7にアップグレードできないかネット検索してみたら、同じ機種のWINDOWS7にOSアップグレードしたものがオークションに出品されていたり、中古販売店も同様にアップグレードしたものを販売しているのを確認し、これなら間違いなくアップグレードできると確信しました。WINDOWS7 HomePremiumのアップグレード版DVDはSP適用されていないものでオークションで2009年に安く買ってあったものです。

早速日曜日の夕方から作業開始。とはいってもアップグレード対象外ですからクリーン・インストールしてドライバ見つからないなんて事になったら大変なので、時間がかかるのを承知のうえでVISTA環境をWINDOWS7にアップグレードすることにしました。Windows7UpgradeAdvisorをインストールして問題点を調べて、itunesやアップグレードの妨げになるドライバをアンインストールして作業開始です。あっ、もちろんVISTA環境のバックアップは取りましたよ。失敗したら大変だから。DVD7枚で7時間程かかりました(^^;)
予想外に時間がかかったので、ここで日曜日の作業は終わりです。

翌日はVISTAノートを立ち上げて、WINDOWS7のディスクをDVDドライブにセット、インストール画面が立ち上がり、アップグレード・インストールを選択。何度か再起動を繰り返し、約6時間かかってWINDOWS7へのアップグレード完了です。
途中で無線ランのランプが消えたので、慌ててLANケーブルをルータへ接続。その後も無線LANのランプは点灯せず、ドキドキしながらもWINDOWS7で起動したときにはランプ点灯したので、LANケーブル外して無線設定して無事ネット接続完了。
ここで月曜日の作業は終了です。

今日はWINDOWS UPDATEだの周辺機器やインストールされているソフトの動作確認です。SP1へのアップグレードは結構時間かかりましたね。再インストールしたitunesも無事に動きました。これでVISTAからWINDOWS7へのアップグレードは完了です。

まだちょっと不安はあるので、認証はしていません。まあ、いつでもVISTA環境には戻れるので、今週末までには認証しようと思います。

やってみた経験から言うとVISTAが動くパソコンならWINDOWS7へのアップグレードはそれ程苦もなくできるんじゃないかと思います。
ただテレビ・チューナー搭載しているパソコンは確実に対応ドライバあることを確認して、それがなければ諦めたほうが良さそうです。

いずれにしても皆さんに積極的にオススメすることはできませんけどね。スキルと時間のある方は自己責任でどうぞ
VISTAに比べると動作も軽快ですよ(^o^)

posted by johnny_the_fox at 22:43| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PC LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック