2015年05月31日

レコードって意外に擦り切れないです(^ ^)


自分のお気に入りのアルバムを擦り切れえるまで聴いたっていう表現があります。
でも実際に自分で何度も繰り返し聴いたアルバムは、30年以上経っても意外に音は悪くありません。
擦り切れるまで聴くっていうのはいった何百回(何千回?)聴いたらそうなるんでしょうかね。
その前にカートリッジがダメになると思うのですが・・・

そんなことを考えながら今日は14歳の時に擦り切れないまでも聴きこんだホワイトスネイクの国内盤アナログを聴いていました。
このほかにクイーンのオペラ座とかシアー・ハート・アタックも廉価盤をかなり聴きまくったけれど、擦り切れるまでには至っていませんでした。

アナログ・ブーム到来ということで安いレコードプレーヤーを入門編に購入する若い人も増えていると思いますが、レコード針には寿命があることを理解して聴いてくださいね(^ ^)

アナログ盤よりもデジタル信号を読み取るCDのほうが素材の劣化の問題もあって間違いなく寿命は短いでしょうね。


posted by johnny_the_fox at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419909988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック